鯉エキス、鯉油の製造販売元のカルプ食品株式会社です。 鯉エキスは、必須アミノ酸を多く含んだ健康食品で、当社製造のエキス、油はその優れた製造方法に特許を取得しています。ぜひ一度、鯉の必須アミノ酸パワーと豊富なDHA、EPAをお試し下さい。
鯉エキス、鯉油の製造販売元のカルプ食品株式会社
[TOPページへ]

鯉エキスと油

日本では、昔から滋養の代表食として珍重されており、民間療法に用いられていました。
出産直後のお祝いに鯉を丸ごと1匹贈る習慣もありました。
鯉が貴重な栄養源として珍重されてきたことは、鯉が何百年にもわたり赤ちゃんを産み続けることに着目した古の人が体験を通してその素晴らしさを実感してきたからでしょう。

中国の古典文献「本草綱目(ほんぞうこうもく)」には魚類の第一項目に鯉が掲載され、鯉を煮て食べることによって「上気を下げ、黄疸を治し、渇きを止め、脚の浮腫みを治し、小便を利す」「小児のひきつけや癲癇を治す」「妊婦の水腫、妊婦時の悪寒、胎動の異常、乳汁の不足などを改善する」と記されています。

そして、近年では、岡山理科大学や愛媛大学の研究で鯉エキスの様々な作用が確認されています。
巷でも今、話題の必須アミノ酸やDHA、EPA、リノレン酸がたっぷり含まれている鯉のエキスや油が古にも増して注目され、多くの方から喜びの声をいただいています。

薬効有する鯉の抽出物特許取得

鯉のエキスと油に関する文献と資料

■基礎と臨床 VOL.22
 1988年6月号
■医薬文献法
 (裕文社)1988年
■医薬と科学
 (自然科学社)1988年10月号
■日本生薬学会第49回年会
 2002年9月福岡講演
■21世紀の人類と健康フォーラム
 2005年8月長春

■鯉エキスの鯉

鯉は昭和46年当時、世界的な偉業と評された鯉と鮒の混血魚「ブライト・フィッシュ」。


養魚場の岩谷明氏
昭和48年7月

昭和46年当時、岩谷明は、鯉と鮒のかけ合せは一代限りという定説をくつがえし、品種固定に成功しそれを「明魚(ブライト・フィッシュ)」と名づけました。

この業績は世界的な偉業と評されマスコミで大々的に報じられています。

その7年後、今度はブライト・フィッシュからエキスを抽出することに成功。

鯉の血や肝は昔から健康に良いと珍重されていたため、希望者に分けたところお礼の電話や手紙が寄せられ、口コミで話題となっていきました。

岩谷明の偉業は、もともと、自分自身の業病に立ち向かおうとした強烈な意思から始まっていたからでしょう、長年の苦労に苦労を重ねた試行錯誤の研究もあきらめることなく製法の完成に実を結びました。

→特許取得の製造方法

↑ページ上部へ


ページ一覧

■商品一覧
●鯉エキス赤箱へ
●鯉エキス白箱へ
●鯉油へ
●カルプ石鹸へ

■カルプ食品MENU
TOPページ
メールご注文
成分表一覧
鯉エキスと油
特許取得の製造方法
初めてご利用の方へ
携帯のメール受信設定
お支払い方法
配送と送料
特定商取引

個人情報取扱

友達に教える


疲れがとれない・やる気が出ない・体調不良・老化・物忘・鬱(うつ)・ストレス・イライラ等お気軽にご相談下さい。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆
お電話でのご相談
0857-84-3600

info@carp-koi.com
土日祝を除く
AM8:30〜PM17:00

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆


↑ページ上部へ


◆カルプ食品株式会社◆
電話0857-84-3600
FAX0857-84-2146
MAILinfo@carp-koi.com
営業日:月〜金 10:00〜18:00
(休業日:土・日・祝)
〒689-0405
鳥取県鳥取市鹿野町1054

(c)Carp Shokuhin Co.Ltd.